Lenovo Phab 2 Pro で Project Tango 入門

世界初の Tango 対応スマートフォンLenovo Phab 2 Proを購入しました。

まずは開封の儀

IMG_3839
なんとパッケージから内部が見えます。Phab 2 Proの特徴であるデプスカメラ、モーション・トラッキング・カメラが見えています。
 
IMG_3840IMG_3841
かなりでかい印象です。Xperia Zと比べるとこんなにも違います。
付属品は、ACアダプタ、ヘッドフォン、USBケーブル。
早速電源に繋いで充電をします。充電されるのを待っている間に、Project Tangoについて勉強することにしましょう。
まずは、Googleのサイトから。
https://get.google.com/tango/
まずはProject Tangoの仕組みの概要です。
Tangoのコンセプト
モーショントラッキング
エリア学習
奥行き検知

サンプルプロジェクトのダウンロードと実行

https://github.com/googlesamples/tango-examples-java/archive/master.zip をダウンロードします。
Android Studioを起動して「Inport project」より、java_basic_examplesディレクトリを選択してOKを押します。

プロジェクトが開いたら、ツールバーを見るといくつかのモジュールが存在していると思います。ここからhello_motion_trackingを選択してRunボタンをおして実行してみましょう。

実行するとAndroid Studioの下部に生の姿勢データが表示されます。

では次にhello_depth_preceptionを実行してみましょう。これも同じくLogcatに生の値を吐くだけです。ただポイントクラウドはデータ量が多いからか距離の平均を出力しているようです。

Logcatを見るかぎり、おおよそ0.2秒間隔で3万6千個の点を取得出来ているようです。
次に、heloo_area_descriptinを実行してみましょう。このサンプルは先ほどまでのサンプルより複雑ですね。
Larning mode onにしてStartするとセンサーの値から領域を学習し、学習した領域をADFに保存します。
最後にhello_videoです。
このhello_videoはとてもなめらかに動き、ほぼ遅延なくRGBカメラからの画像が画面上に表示されます。
ヘッダよりこのサンプルは以下の機能を説明しています。

 このサンプルでは、RGBカメラをOpenGLテクスチャに変換します。
 単純なレンダラーで標準のAndroidのサーフェスビュー(GLSurfaceView)を作成し、ビデオレンダリング用の適切な設定でTangoサービスに接続します。
新しいRGBビデオフレームがTango APIを介して利用可能になるたびに、OpenGLテクスチャに更新され、対応するタイムスタンプがlogcatおよびスクリーンに印刷されます。
 
 Tango RGBカメラで生成された特定のテクスチャ形式をレンダリングする方法を理解するために必要な最小OpenGLコードのみが提供されています。
これらの詳細は、HelloVideoRendererで見つけることができます。
 拡張現実エフェクトを使用して実際の3Dオブジェクトをレンダリングする例をお探しの場合は、java_augmented_reality_example
および/またはjava_augmented_reality_opengl_exampleを参照してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です