SwitfyJSON を iOS 8.3 & Xcode 6.3 で使う手順

Xcode6.3がリリースされたので早速アップデートしたらSwiftyJSONとAlamofireがエラーになってしまった。Xcode6.3でのSwiftyJSONとAlamofireのセットアップ方法をメモしておく。
Alamofireは1.2でXcode6.3対応が完了していますので、バージョンを指定してあげます。
pod ‘Alamofire’, ‘~> 1.2.0’
SwiftyJSONはブランチ「xcode6.3」にて対応されていますのでこちらを取得するように変更します。
pod ‘SwiftyJSON’, :git => ‘https://github.com/SwiftyJSON/SwiftyJSON.git’, :branch => ‘xcode6.3’
 

# sudo gem install cocoapods -v '>=0.36'
# pod --version
0.36.4
# pod init
# vi Podfile
# cat Podfile
# Uncomment this line to define a global platform for your project
# platform :ios, '6.0'
source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'
platform :ios, '8.2'
use_frameworks!
# for Xcode6.3
pod 'Alamofire', '~> 1.2.0'
# for Xcode6.2
#pod 'Alamofire', :git => "https://github.com/mrackwitz/Alamofire.git", :branch => "podspec"
# for Xcode6.2
#pod ‘SwiftyJSON’, ‘>= 2.1.3’
#pod 'SwiftyJSON', :git => "https://github.com/orta/SwiftyJSON", :branch => "podspec"
# for Xcode6.3
pod 'SwiftyJSON', :git => 'https://github.com/SwiftyJSON/SwiftyJSON.git', :branch => 'xcode6.3'
#pod 'Spring', '~> 1.0.3'
target 'ProjectName' do
end
target 'ProjectNameTests' do
end
# pod install
# open ProjectName.xcworkspace

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です