XCode6でSubversionリポジトリへ初回コミット

スクリーンショット 2014-11-27 4.17.54

巷ではGitが流行っているようですが、個人でバックアップの目的がメインでソースコードを管理している分にはSubversionで十分です。いつもリポジトリの作成とXCode上でのコミット方法を忘れてしまうので、メモしておきます。

リポジトリの作成

まずはサーバ上でリポジトリを作成します。

既にSubversionの環境は整っているとします。以下のコマンドでサーバ上にリポジトリを作成します。

svnadmin create /var/www/svn/リポジトリ名
chown -R apache:apache /var/www/svn/リポジトリ名

リポジトリの削除

間違えて作成した時に削除する方法もメモしておきましょう。

rm -rf /var/www/svn/リポジトリ名

Xcode プロジェクトを SVN リポジトリに初コミットする

リポジトリの登録とチェックアウト

先ほど作成したリポジトリをチェックアウトします。メニュー>Source Control>Check Out…を選択します。次のCheck Outウィンドウが開きます。
スクリーンショット 2014-11-27 4.26.42
 
Or enter a repository location:に先ほど作成したリポジトリを入力してNext。
スクリーンショット 2014-11-27 4.27.03
 
 
Type:にSubversionを選択してUser Name、Passwordを入力。Next。
チェックアウト場所を聞いてくるので任意の場所にチェックアウト。

ポジトリ上で Xcode プロジェクトディレクトリをおく予定の場所に、空のディレクトリをコミット

チェックアウト場所へ移動して空の基本ディレクトリを作成します。

mkdir branches
mkdri tags

XCodeで作成済みで、まだSCM管理下にないプロジェクトを、チェックアウト場所に移動、名前をtrunkに変更します。

バージョン管理するファイルを選択してコミット

コマンドラインからsvn管理下に追加してコミットします。その際XCodeの使用するユーザーデータはコミットする必要ないので、ignoreに追加してコミットしないように設定しておきましょう。

svn add --force .
svn revert trunk/<XCodeプロジェクト名>.xcodeproj/xcuserdata --depth infinity
svn revert trunk/<XCodeプロジェクト名>.xcodeproj/project.xcworkspace/xcuserdata --depth infinity
export SVN_EDITOR=vi
svn propedit svn:ignore trunk/<XCodeプロジェクト名>.xcodeproj/
    xcuserdata
svn propedit svn:ignore trunk/<XCodeプロジェクト名>.xcodeproj/project.xcworkspace/
    xcuserdata

svn stasuで、コミットするファイルを確認出来ます。このコマンドでは除外されたファイルは表示されません。ので、 svn status –no-ignore で除外されたファイルを表示して確認します。

svn status
svn status --no-ignore

問題なければコミットしましょう。

svn commit -m "New Xcode project"

以上でプロジェクトの初回コミットが完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です