Fedore Core 5(FC5)でMythTVを動かす(GV-MVP/RX2W)

MythTVのMyインストールメモです。

■目次
・キャプチャカードインストール
・OSのインストール
・ぱ研ドライバのインストール
・MythTVのインストール

■参考にしたURL

http://blog.gcd.org/archives/50476037.html

http://linux.matchy.net/Fedora3GV-MVPRX.html

http://www.macmil.co.jp/macmil/linux025.htm

http://www.mythtvtalk.com/forum/viewtopic.php?p=11316

http://www.systemcreate-inc.com/gsxr/pc/mythtv_acpiwakeup.html

http://www.mythtv.org/wiki/index.php/ACPI_Wakeup

http://ytw.jp/content/view/29/63/

http://www.hidanet.ne.jp/~haya/sudo.html

※記憶で書いているところもあるので違っている箇所があればコメントお願いします。

■キャプチャカードインストール

GV-MVP/RX2WをパソコンのPCIスロットに取り付けます。

■OSのインストール

Fedora Core 5 のインストール

私の古いPCはFastTrackTX2000搭載です。FC4ではFastTrackTX2000をうまく認識しないのですが、FC5は認識してくれるのでFC5にしました。

デフォルトインストールします。

□アップデート

Software Updaterを使って最新の状態にします

アップデートするとカーネルは2.6.16-1.2122_FC5になりました。

■ぱ研ドライバのインストール

http://www.paken.org/linuxwiki/index.php?CX23416GYC-STVLP%A4%CE%B2%F2%C0%CF

ここはドライバの開発者や利用者が意見を交換する場でもあります。重要な情報がたくさん載っています。

0.6_svn3233-paken060421.tar.gz をインストールします。

上記サイトより0.6_svn3233-paken060421.tar.gzをダウンロードします。

ここではホームにダウンロードして作業します。

□解凍

$ cd ~
$ tar xzvf 0.6_svn3233-paken060421.tar.gz
$ cd ~/0.6_svn3233-paken060421

□開発ツールインストール

コンパイルするので、パッケージマネージャで「開発ツール」をインストールするか

$ su
# yum groupinstall "Development Tools"

を実行してください。

□カーネルヘッダのインストール

コンパイルするのでカーネルにあったものをインストールします。

□driverディレクトリに移動してコンパイル

$ cd ~/0.6_svn3233-paken060421
$ make
$ su
# make install
# exit

□ファームウェアを取り出す

GV-MVP/RX2Wはファームウェアを読み込んで動作するらしいです。

$ cd ~/0.6_svn3233-paken060421/utils/
$ su
# ./ivtvfwextract.pl --no-unzip /media/cdrom/Driver/p2driverRX.sys

□起動時の設定

modprobe.conf を編集してに以下の行を追加

# vi /etc/modprobe.conf
# for GV-MVP/RX2W
options ivtv tuner=46,46 ntsc=j

/etc/rc.localを編集して以下の行を追加すると起動時にビデオカードドライバが読み込まれます。

# vi /etc/rc.local 
# for GV-MVP/RX2W
/sbin/modprobe ivtv

□video0にアクセス出来るようにしておきます。

# chmod go+rw /dev/video0
# chmod go+rw /dev/video1

□ドライバを読み込んでみます。

# /sbin/depmod -a
# modprobe ivtv

dmesgでうまく読み込まれたか確認します。

# dmesg | grep ivtv

□上記でエラーが表示されている場合、手動で実施。

$ cd ~/0.6_svn3233-paken060421
$ su
# cp driver/iv*.ko /lib/modules/2.6.16-1.2122_FC5/kernel/drivers/media/video/
# cp i2c-drivers/upd64*.ko /lib/modules/2.6.16-1.2122_FC5/kernel/drivers/media/video/
# cp i2c-drivers/wm8739.ko /lib/modules/2.6.16-1.2122_FC5/kernel/drivers/media/video/
# cp i2c-drivers/saa71*.ko /lib/modules/2.6.16-1.2122_FC5/kernel/drivers/media/video/
# cp i2c-drivers/tvaudio_gv.ko /lib/modules/2.6.16-1.2122_FC5/kernel/drivers/media/video/
# cp /lib/modules/ivtv-fw-enc.bin /lib/firmware/v4l-cx2341x-enc.fw
# cp /lib/modules/ivtv-fw-dec.bin /lib/firmware/v4l-cx2341x-dec.fw
# chmod 744 /lib/firmware/v4l-cx2341x-*
# chown root:root /lib/firmware/v4l-cx2341x-*

再度ドライバを読み込み確認。

# /sbin/modprobe -r ivtv
# /sbin/modprobe ivtv
# dmesg | grep ivtv

・・・エラーが表示されてました。どうもファームウェアのバージョンが古いようです。

ぱ研のサイトに以下のように書かれていました。

ftp://ftp.shspvr.com/download/wintv-pvr_150-500/inf/pvr_2.0.24.23035.zipをダウンロードし、unzipし解凍されたHcwFalcn.romを/lib/firmwareにv4l-cx2341x-enc.fwとして置きreboot

上記を実施してみます。

$ cd
$ unzip pvr_2.0.24.23035.zip
$ su
# cp HcwFalcn.rom /lib/firmware/v4l-cx2341x-enc.fw

再度ドライバを読み込み確認。

# /sbin/modprobe -r ivtv
# /sbin/modprobe ivtv
# dmesg | grep ivtv

エラーがなくなりました!

■MythTVをインストールする。

mythtvの導入には多くの手順を踏まなければなりません。コンパイルもかなりの数になります。

そこで今回は必要なソフトがrpmにまとめられている

mythtv-suite

を使用します。mythtv-suiteをインストールするだけで必要な環境を整えることができます。

□リポジトリを追加

Atrpmsのリポジトリを追加します。

本家のサイトdl.atrpms.netは重いのでミラーサイトを使用してます。

今回はwftp.tu-chemnitz.deを使いました。

/etc/yum.confに以下を追加します。

[atrpms]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - ATrpms
#baseurl=http://dl.atrpms.net/fc$releasever-$basearch/atrpms/stable
baseurl=http://wftp.tu-chemnitz.de/pub/linux/ATrpms/fc$releasever-$basearch/atrpms/stable

インストールを実施します。

$ su
# rpm --import http://ATrpms.net/RPM-GPG-KEY.atrpms
# yum install mythtv-suite

□kakashiのインストール

# yum install kakasi kakasi-devel kakasi-dict

□MySQLのインストール

# yum install mysql mysql-server

□MySQLの設定

# /usr/sbin/ntsys

mysqldに*をつけてOKします。

パスワード設定とデータベースの作成を実施します。(パスワードにhogeを使用した例)

# exit
$ mysql -u root mysql
mysql> SET UASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('hoge');
mysql> exit
$ mysql -u root -phoge < /usr/share/doc/mythtv-0.19/database/mc.sql
$ mysqlshow -u root -phoge
+--------------------+
|     Databases      |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| mythconverg        |
| test               |
+--------------------+

■MythTVの設定

設定プログラムを起動します。

# mythtvsetup

もしmythtvsetupの起動でエラーがでるようであれば

# chmod a+rx /usr/lib/libmyth*

を試してみます。さらにSELinuxをOFFにしてみます。

# vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

それでもダメなら次を試します。

#chcon -t texrel_shlib_t /usr/lib/libmyth*.so*

起動できました。

グラフィカルな設定画面が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です