Tomcatの設定(日本語コード変換処理)

今日はTomcat5の日本語コード変換処理の設定を行います。
設定方法
1.Tomcatの[server.xml]を設定する。
GETでの受渡し時のエンコードを有効にするため
useBodyEncodingForURIに”true”を設定する。

<Service name="Catalina">
<Connector port="8080"
maxThreads="150" minSpareThreads="25" maxSpareThreads="75"
enableLookups="false" redirectPort="8443" acceptCount="100"
debug="0" connectionTimeout="20000"
disableUploadTimeout="true"
useBodyEncodingForURI="true" />

※赤字部分を追加
2.コード変換フィルタの追加
Tomcatにはサンプルとしてコード変換するためのフィルタが用意されています。これを各アプリケーションのclassesフォルダにコピーして使用します。
/srv/www/tomcat5/base/webapps/servlets-examples/WEB-INF/classes/
の中にあるfiltersフォルダを
/各アプリケーション/WEB-INF/classes/フォルダの中にコピーします。
3.web.xmlの設定
先ほどコピーしたフィルタを有効にするために、web.xmlを編集します。

<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
<!DOCTYPE web-app
PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
"http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">
<web-app>
	<filter>
<filter-name>Set Character Encoding</filter-name>
<filter-class>filters.SetCharacterEncodingFilter</filter-class>
<init-param>
<param-name>encoding</param-name>
<param-value>Shift_JIS</param-value>
</init-param>
</filter>
<filter-mapping>
<filter-name>Set Character Encoding</filter-name>
<url-pattern>/*</url-pattern>
</filter-mapping>	
</web-app>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です