ホームベーカリーでピザを作ってみました

手作りをしだすと楽しいもんでよくピザを作ります。
子供達はチーズが大好きなので他の具材に凝らなくても大喜びで食べてくれます。お客様が来た時もこれをだすと満足してもらえます。
今日の具材はこちら
IMG_5758
 
では、ホームベーカリーに材料をいれて生地を作ります。我が家のでは、45分で生地ができちゃいます。
20分ほどねかした後に、のばし、フォークでアナをあけます。
IMG_5756
 
そして具材をのせて
IMG_5763
 
オーブンで焼きます。
出来上がりはこんな感じです(^ー^)
IMG_5772
 
美味しいですよぉー。安上がりだし味は上等です。
皆さんも是非作ってみてくださいね♪

 

XcodeでCFBundleVersionを自動インクリメントする

Identitiy
Version(CFBundleShortVersionString)をx.y.zの形式にします。
Build(CFBundleVersion)をx.y.z.aの形式にしてaを自動インクリメントする設定を説明します。
まず、バージョンとビルドは上の画像のように設定しておきます。
次に、プロジェクトを選択し「Build Phases」を「+」を押して「New Run Script Build Phase」を追加します。
次のシェルスクリプトを入力します。
[shell]
versionNumber=$(/usr/libexec/PlistBuddy -c “Print CFBundleShortVersionString” ${PROJECT_DIR}/${PROJECT_NAME}/${PROJECT_NAME}-Info.plist)
buildNumber=$(/usr/libexec/PlistBuddy -c “Print CFBundleVersion” ${PROJECT_DIR}/${PROJECT_NAME}/${PROJECT_NAME}-Info.plist)
ifsback =$IFS
IFS=’.’
set — $buildNumber
buildNumberInc=$(($4 + 1))
newBuildNumber=”${versionNumber}.${buildNumberInc}”
IFS=$ifsback
/usr/libexec/PlistBuddy -c “Set :CFBundleVersion $newBuildNumber” ${PROJECT_DIR}/${PROJECT_NAME}/${PROJECT_NAME}-Info.plist
[/shell]
以上。
あとはビルドする度に自動で番号が増えていきます。