温まりながら物書き

風呂に入りながら本や雑誌を読だ事はあるだろうか?風呂で読書というのは気持ちがよい。なかなか贅沢な時間なのである。
それでは書斎はどうだ?ということで今回は、スマートフォンとBluetoothキーボードを持ち込んで風呂場書斎にチャレンジしてみた。
■準備
もともと私のスマートフォンは防水仕様ではないため、あまりに湿度の高いところへ持ち込むのは気が引ける。入浴中換気し、浴室内に湯気がこもらないよう注意したい。
タオルは必須だ。
折りたたみキーボードの下に置く為に1枚と、汗を拭くためにもう1枚用意する。
■注意
あまり長時間風呂にはいってのぼせないよう、適度に浴槽から出るようにしたい。
今回は1時間ほどキーボードで物書きをしてみたが、非常に気持ちの良いものだ。病みつきになりそうである。
仕事やアイデアに行き詰まったときなど、気分転換にいかがだろうか。
次は、録画しておいた番組を鑑賞してみたいと思う。
注意点
スマートフォンを浴槽内に落とさないよう気をつけよう。

歩数計(万歩計)をテストしてみる

完成した万歩計をポケットに入れて小春(柴メス)と散歩ついでの実地テストを行ってみた。
結果は良好!
ねらい通り、携帯がどの方向を向いていても計測できることが確認できた。
実際に100歩を歩いたときの誤差は±3歩程と、実用に十分な制度を示した。
歩数を計測続ける間は電源をONにしなければならない。これではバッテリーを大量消費してしまう。
次はカメラボタンでディスプレイをOFF出来るようにしてみたいとおもう。