SL-C3100 HD換装 復旧方法メモ

zaurus SL-C3100 のハードディスクを換装し、fdisk,フォーマットを行い使える状態にしたいと思います!
SL-C3100には元々日立の4ギガHDが搭載されていますが、これを5ギガのHDに換装します。Zaurusを裏返し、ねじをいくつかはずして基盤を取り出し、HDを交換します。
まずはメンテナンスカーネルの起動


http://hiki.cre.jp/computer/?LinuxZaurusMaintenanceMode
を参考にメンテナンスカーネルを起動する。
1. 電源を切る。
2. 裏蓋をはずす。
3. 裏蓋のロックスイッチを「解除(交換時)」にしたまま「D」「B]二つのキーを両方押しながら、裏蓋を外すと見えるリセットスイッチを押す。
4. 裏蓋を戻し、ロックスイッチを「ロック(使用時)」に戻す。
5. 「D」「B]二つのキーを両方押しながら、電源をONする。
6. 画面に「INIT: version 2.78 booting」と起動メッセージが表示されるまで「D」「B」キーを押しっぱなしにする。
7. 起動完了すると、「zaurus login:」 とログインプロンプトが表示される。
8. ログインプロンプトからはユーザー「root」でログイン出来る。パスワードは無し。
FDISK起動しハードディスクのパーティションを切り、フォーマットします。
hda1,hda2,hda3を作成します。
hda1,hda2はext3でフォーマットします,hd3はザウルスドライブ機能を使ってwindowsからアクセスしたいのでvfatでフォーマットしておきます。
# fdisk /dev/hda
Command (m for help): p
Disk /dev/hda: 5000MB, 5000970240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 608 cylinders
Units = cylinders of 16065 *512 = 8225280 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/hda1 1 607 4875696 b Win95 FAT32
Command (m for help): d
Selected partition 1
Command (m for help): n
Command action
e extended
p primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-608, default 1):
Using default value 1
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-608, default 608): +10M
Command (m for help): n
Command action
e extended
p primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 2
First cylinder (3-608, default 3):
Using default value 3
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (3-608, default 608): +10M
Command (m for help): n
Command action
e extended
p primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 3
First cylinder (5-608, default 5):
Using default value 5
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (5-608, default 608):
Using default value 608
Command (m for help): t
Partition number (1-4): 3
Hex code (type L to list codes): c
Changed system type of partition 3 to c (Win95 FAT32(LBA))
Command (m for help): p
Disk /dev/hda: 5000MB, 5000970240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 608 cylinders
Units = cylinders of 16065 *512 = 8225280 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/hda1 1 2 16033+ 83 Linux
/dev/hda2 3 4 16033 83 Linux
/dev/hda3 5 608 4851630 c Win95 FAT32 (LBA)
Command (m for help): w
The partition table has been altered!
Calling ioctl() to re-read partition table.
WARNING: If you have created or modified any DOS 6.x
partitons, please see the fdisk manual page for additional
information.
Syncing disks.
# mke2fs -j /dev/hda1
# mke2fs -j /dev/hda2
# mkdosfs -F32 /dev/hda3
/dev/hda1と/dev/hda2にバックアップデータを書き戻す。
バックアップはSDカードのhdd1フォルダとhdd2フォルダにコピー済み。
# mount /dev/hda1 /hdd1
# mount /dev/hda2 /hdd2
# mkdir /hdd1/.sys
# mkdir /hdd2/.sys
/hdd1/.sys にhdimage2.tgz,hdlist1.datをコピー
# cd /hdd1/.sys
# cp /mnt/card/hdd1/* .
/hdd2/.sys にcontlist.dat,hdlist2.dat,hdlist3.datをコピー
# cd /hdd2/.sys
# cp /mnt/card/hdd2/* .
1. コマンドプロンプトより「 shutdown -h now 」と入力し、システムをシャットダウンする。
2. 電源がOFFされた事を確認し、裏蓋をもどす。
3. リセットスイッチのみを押す。
4. 裏蓋を戻し、ロックスイッチを「ロック(使用時)」に戻す。
5. 電源ONするとシステムが再起動される。
OKキーを押しながら電源ONするとメンテナンスメニューが
起動するので3.完全消去(フォーマット)を行う
※念のため
1分程度お待ちください…の画面が出れば成功!
あとはザウルスドライブを使って付属のCD-ROMからソフトウェアをインストールすれば完了です。
hdimage2.tgz,hdlist1.dat
contlist.dat,hdlist2.dat,hdlist3.dat

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です