PL/SQL コーディング規約

PL/SQL MYコーディングルール
■フィールド変数のデータ型はかならず%TYPEを使用すべ
フィールドを格納する変数のデータ型には、必ず%TYPEを使用すること。
■FORよりもFORALLを使うべ
FORALLはパフォーマンスが30%程度向上する。FORALLが使用できないか検討してみること。
■空行は作成すな
空行のかわりに–を使用する。SHOW ERRORしたときに空行があるとエラーのあった行数がずれる為。
例)
---------------------------------------------–
vc2_result VARCHAR2 DEFAULT := ‘OK’;
BEGIN
RETURN vc2_result;
END OUT_FILES;
---------------------------------------------–


---------------------------------------------–
vc2_result VARCHAR2 DEFAULT := ‘OK’;

BEGIN

RETURN vc2_result;

END OUT_FILES;
---------------------------------------------–
■変数の型によるプリフィックスを付与すべ

例外
グローバルな変数にはgを使用すべ
例)gvc2_to_ymd
var_ %TYPEの場合は何型になるかわからないのでvar_を使用する。(variable)
■RECORD型定義,TYPE型定義,例外型定義などの定義関係
型の定義はすべて大文字とする。単語と単語は_(アンダースコア)でつなぐ。
■関数の名称
関数の名称の本体部分には、用途を表す完結した名前を大文字と_(アンダースコア)を使用して付けること。
さらに、プロシージャ名は INIT_NAME_ARRAY やCLOSE_FILEPOINTER のように動詞で始める。
■関数の引数
in_またはout_またはinout_をプリフィックスに使用する。
例)
PROCEDURE NIPPOU_CONSULT_OUTPUT(
in_symd IN VARCHAR2,
out_ret OUT VARCHAR2
);
■定数
プリフィックスにCON_を使用し、すべて大文字とする。
CON_NO_DATA CONSTANT VARCHAR2(1) := ‘3’;
CON_ERROR CONSTANT VARCHAR2(1) := ‘1’;
CON_NORMAL_END CONSTANT VARCHAR2(1) := ‘2’;
■例外処理を必ず実装する。
例外処理は、必ず実装する。よくやるのがEXCEPTION WHEN OTHES THEN NULL;とか。そんなコードを書くな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です