openSUSE「SUSE Linux 10.0 OSS」にTomcat5とApache2をインストールし連携して動作するように設定する



ApacehとTomcatの連携


概要
openSUSE「SUSE Linux 10.0 OSS」のインストール(FTP)に引き続き、Tomcat5とApache2のインストールを行います。
Tomcat5とApache2は連携して動作するために、コネクタとしてmod_jkを使用します。
ソフトウェアのインストール手順
ライセンスの関係上、標準ではJava関係はインストールできません。パッケージリポジトリから手動でインストールする必要があります。ソフトウェアソースメディアを指定することでYaSTでインストールできるようになります。
YaSTを起動します。
[スタートメニュー]->[システム]->[コントロールセンター(YaST)]
[インストールのソースを変更する]をクリックします。


「ソフトウェアソースメディア」画面が開くので[追加]をクリックします。


サーバ名
ftp.jaist.ac.jp
サーバ上のディレクトリ
/pub/Linux/openSUSE/distribution/SL-10.0-OSS/inst-source-java/
を指定して[OK]をクリックします。


[ソフトウェアのインストール/削除]をクリックします。
以下のパッケージをインストールしてください。
「java」で検索して以下にチェックを入れる。

  • java-1.5_0-sun
  • java-1.5_0-sun-devel

「Tomcat」で検索して以下にチェックを入れる。

  • mod_jk-ap20
  • tomcat5
  • tomcat5-admin-webapps
  • tomcat5-webapps

「apache」で検索して以下にチェックを入れる。

  • apache2
  • apache2-prefork
  • apache2-worker

上記にチェックを入れ終わったら[了解]をクリックしてインストールを完了してください。
連携の設定手順
以下の作業はrootで行います:
a. tomcat5-webapps パッケージのインストール(すでに諸氏はインストールしてあるはずだ)
b. サンプル設定ファイル jk.conf を /etc/apache2/conf.d にコピーしてください。
# cp /usr/share/doc/packages/mod_jk-ap20/jk.conf /etc/apache2/conf.d
c. サンプル設定ファイル workers.properties を /etc/tomcat5/base にコピーしてください。
# cp /usr/share/doc/packages/mod_jk-ap20/workers.properties /etc/tomcat5/base
d. モジュール”jk”をapache2のmodules APACHE_MODULESに追加してください。
YaSTの”Editor for /etc/sysconfig Files”か、/etc/sysconfig/apache2を編集すれば可能です。
今回は「/etc/sysconfig/apache2を編集」の方法を使用します。
YaSTで、/etc/sysconfig/エディター を起動し、 Network WWW Apache2 APACHE_MODULESを表示します。
デフォルト値としてすでに
access actions alias auth auth_dbm autoindex cgi dir env expires include log_config mime negotiation setenvif ssl suexec userdir php4 php5
が設定されているので、jkを付け加えます。
jk access actions alias auth auth_dbm autoindex cgi dir env expires include log_config mime negotiation setenvif ssl suexec userdir php4 php5


もし上記の方法ではなく、ファイルを編集で”jk”を追加した場合、次のコマンドでapache2の設定をupdateしなければなりません。
# SuSEconfig –module apache2
e. 必ずTomcatを停止してください。 YaST の “ランレベル・エディター” または次のコマンドから可能です。:
# rctomcat5 stop
f. 必ず、CATALINA_BASE を “/srv/www/tomcat5/base” に設定してください。
YaST の “/etc/sysconfig/エディター” か、 /etc/sysconfig/j2ee ファイルを編集すれば可能です。


g. tomcat サーバを起動します。 YaST の “ランレベル・エディター” または次のコマンドから可能です。:
# exit <-- 一旦抜けると吉です $ su – <-- 再度rootになります Password:
# rctomcat5 start
h. apache2 サーバを再起動します。 YaST の “ランレベル・エディター” または次のコマンドから可能です。:
# rcapache2 restart
h. ブラウザで http://localhost/jsp-examples/ とhttp://localhost/servlets-examples/ を表示させます。


サンプルプログラムを表示させてみましょう。


表示できました。これでApache2とTomcat5の連携が確認できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です