ntpで自動で時計合わせ

zaurusは時計が狂います。気が付けば1~2時間狂っていることも。
今や携帯電話も電波時計もWindowsXPも正確な時刻を示す時代なのにね。
zaurusもntpサーバにアクセスして時間あわせが出来るようにしたいと思います。


もっともお手軽でカンタンなのが「どんとこいタイム」をインストールする方法です。
私もSL-C860の時にはお世話になりました。
SL-C3100に乗り換えるにあたって、ここはひとつLinuxらしくntpdateを使いたいと思います。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/1180/download.html
よりntpdate_ntp-4.1.1b-z-4_arm.ipkをダウンロードし、インストールします。
私の場合PHSのモデムカードを良く使うので、
/etc/ppp/ip-up
の最後の行に
/usr/bin/ntpdate clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
を追加しておきます。これでインターネットに接続する度に自動で時計合わせが行われるようになります。
試しにわざと時間をずらしてからインターネットに接続し、時間が修正されればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です