Getting Started with Auto

今日はAndroid Autoについてのお勉強。以下自分用メモでもあります。

Getting Started with Auto

Android Autoは Androidを車へと拡張するもののようです。Android5.0以上の携帯を接続します。AutoのUIは、ディスプレイ上に車用に最適化されたAndroid経験を提供してくれます。

Autoは現在2つのタイプのアプリをサポートしてます。

  • オーディオアプリ:音楽や音声コンテンツの検索と再生
  • メッセージアプリ:受け取った通知メッセージを読み上げ、音声入力で返信する

既存のオーディオアプリまたはメッセージアプリを車で動作するようにすることができます。アプリをAutoで有効にするために、Andorid5.0(API21)以上にします。またアプリのマニフェストでAuto機能を宣言します。

このレッスンでは、開発環境を設定し、Autoと通信するアプリの最小要件を学びます。

Auto向けアプリ開発を計画しているなら、今あるアプリで有効にしてテストすることをおすすめします。しかし、Auto対応したアプリは今のところ公開出来ません。Google+のAuto開発者コミュニテイに参加してください、Auto対応したアプリがアップできるようになった事を知るために!!

Set Up an Auto Project

This section describes how to create a new app or modify an existing app to communicate with Auto.

必要条件

あなたがアプリ構築を始めるためのAuto:次が必須:

Android 5.0でアプリを作る:Android5.0の新しいAPIはAutoと互換性のあるオーディオ再生機能とメッセージ機能を提供する。新APIにアクセするには、プロジェクトのターゲットをAndroid 5.0以上にする。

サポートライブラリのインストール:Auto向けのメッセージアプリを作るなら、NotificationCompatが必要です。CarExtenderクラスはv4 サポートライブラリに含まれます。このクラスはAutoデバイスと互換性のある通知を生成できます。

Auto機能を宣言する

アプリがアクセス可能なAuto機能はアプリのマニフェスト設定の他にXML設定ファイルにより制御される。まず、Auto機能をアプリに追加し、Auto XML設定を定義しマニフェストファイルにXMLファイルへの参照を追加しなければなりません。

Auto XML 設定ファイルを定義する

アプリで使用するプロジェクトのリソースディレクトリに置いたXMLファイルを使用してCar機能を指定します。例えば、Auto向けにオーディオアプリケーションを拡張するなら、automotive_app_desc.xmlという名前のファイルを作り、プロジェクトのres/xml/フォルダ配下に格納します。automotive_app_desc.xmlファイルは次のようなメタデータを持ちます:

<automotiveApp>
<uses name="media" />
</automotiveApp>

The <uses> element declares the Auto capability your app intends to use. Multiple <uses> tags can be added if your application uses multiple car capabilities. The name attribute indicates the specific capability your app uses. The values supported are:

  • media – The app uses the Android framework APIs to play music in a vehicle. Set this value if you are enabling an audio app for Auto.
  • notification – The app displays message notifications in the car’s Overview screen, allows users select a message to be read aloud, and lets them respond through voice input. Set this value if you are enabling a messaging app for Auto.

Add a manifest entry

前節で作成したアプリのマニフェストにAuto XML設定ファイルへの参照を追加します。メタデータ「com.google.android.gms.car.application」のAuto XML定義ファイルへの参照項目をapplicationに追加します。 ファイル名から拡張子.xmlは除外します。

<application>

...
<meta-data android:name="com.google.android.gms.car.application"
android:resource="@xml/automotive_app_desc"/>

</application>

Add Auto Features to Your Apps

After you have completed the steps described above, you’re ready to add Auto features to your apps. See these additional topics to help you build apps for Auto:

  • Providing Audio Playback for Auto – Create apps that let users browse and play music in the car.
  • Providing Messaging for Auto – Enable users to receive and reply to messages in the car.

Important: グーグルはドライバーを注意を妨げる事にとても深刻に取り組みます。アプリがAutoアプリのデザイン要件とGoogle Playでのクオリティを満たしている必要があります。これらを厳守することで、アプリの作成とテストの労力を減らすことが出来ます。さらなる情報についてはAuto App Qualityを参照してください。

Run and Test Auto Apps

アプリの公開を準備するなら、Autoユーザーインタフェース上に投影されたものが正しいか確認して下さい。スクリーン上でプロジェクトがAutoでどのように見えるか表示したりテストしたりするためには、アンドロイドメディアブラウザシミュレータとアンドロイドメッセージシミュレータを使って下さい。

To get the simulators, open the SDK Manager and download them from Extras > Android Auto API Simulators.

Before you begin testing, compile your app in your development environment. Install your app and the Android simulator for the features you want to test (that is, audio or messaging) on a physical or virtual device running Android 5.0 (API level 21) or higher. To check the version of Android on the device, go to Settings > About > Android Version.

Testing audio apps

  1. Android MediaBrowser シミュレーター(media-browser-simulator.apk)をテストデバイスにインストールします。
  2. テストデバイスで開発者オプションを有効にします。
  3. テストデバイスにテスト対象アプリをインストールします。
  4. Android Media Browser simulatorを起動しあなたのAudioアプリがAutoでどのように表示されるか確認します。表示されない場合、Settings > Appsよりシミュレータを終了、再起動します。

Testing messaging apps

  1. Android Messaging simulator(messageing-simulator.apk)をテストデバイスにインストールします。
  2. シミュレーターにシステムに送信する通知の読み取りを有効にします。
    1. 開発者オプションをテストデバイスで有効にします。
    2. Settings > Sounds & Notifications > Notification Accessをクリックして、Messaging simulatorにチェックを入れます。
  3. テストデバイスにテスト対象アプリをインストールします。
  4. Android Messaging Simulatorを起動して、あなたのメッセージアプリがAutoでどのように表示されるか確認します。表示されない場合、Settings > Appsよりシミュレータを終了、再起動します。

Providing Audio Playback for Auto

運転者は彼らのミュージックやその他の音声コンテンツにアクセスしたい。オーディオブック、ポッドキャスト、スポーツ解析、録音ボイスは長い旅行を教育的、感動的、楽しいものにします。Androidフレームワークはユーザーがよりシンプルで安全なユーザーインタフェースを使用して好きな曲や音声コンテンツを聞くことができるように、あなたのオーディオアプリを拡張することができます。

このクラスでは、Android端末の内蔵スピーカーまたは接続したヘッドフォンからオーディオを再生するアプリを構築していることを前提としています。これは、Autoデバイスは、コンテンツリストを参照し、カーステレオシステムを介してそれを再生できるようにあなたのアプリケーションを拡張する方法について説明します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です