DigiFi 13号 付録USB DAC付デジタルパワーアンプ用 奥澤スチールケース

IMG_0303

DigiFi 13号特別付録USB DACパワーアンプ基盤用のケースが届きました!
製造販売は秋葉原の奥澤。
前回DigiFi 10号用の時はアルミシャーシだったのが、今回はスチールになっています。適度な重量感により安定感抜群。
なにより、心配していた質感もハンマートーン塗装により高級感があって満足度100%でした。
グレーとブラックでかなり悩みました。最終的にブラックに落ち着いたのですが、正解だったと思います。オーディオ機器らしくしまった感じがたまらない。

ケースを取り付ける前のアンプ。漢らしいネイキッドな感じも素敵ですが、メインで使うにはちょっと。
IMG_0291

開封すると領収証が入っていました。ケースはプチプチで包装されています。
IMG_0288

IMG_0289

さて、取り付けですが、説明書的なものは一切ありません。見りゃ分かるだろ的な考え方でしょうか。

実際の手順を以下に記しておきます。

DigiFi 13号特別付録USB DACパワーアンプ基盤用 奥澤スチールケースの組み立て方

1.LEDを慎重に横を向かせ、ケースの穴からのぞかせるようにします。

ラジオペンチを使い、慎重に足下を曲げ、ケースの穴からLEDが覗くようにします。しなくても不都合はありませんが、ちゃんとLEDが穴から見れる方がカッコいい。

作業前
IMG_0292

作業後
IMG_0293

2.雑誌に付属していた支柱を取り外し、奥澤ケースに付属の支柱に取り替えます。

左が奥澤ケース付属の台座、右が雑誌付録でついてきた支柱。両方使用します。この2つで基盤を挟み込むようにします。

IMG_0294

取り付けるとこんな感じになります。

IMG_0295

3.ゴム足を取り付ける。

シルバーのビスとゴム足で、ボトムパネルに基盤を固定します。

IMG_0296

IMG_0297

4.ワッシャー付きビスでフロントパネルを取り付けます。

この時点では手で軽く締めるだけにしておきます。

IMG_0298

5.リアパネルを取り付けます。

IMG_0299

ここは2本の黒いねじを使います。

IMG_0300

6.トップパネルを取り付けます。

IMG_0301

7.最後にワッシャー付きビスを締めこんで完成です。

IMG_0304
IMG_0303
IMG_0302

iMacの下に置くとこんな感じになります!

IMG_0305

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です