BEA WebLogic Serverの調査

(1)BEA WebLogic Server 9.2
 J2EE 1.4
 Spring Framework、Apache StrutsとBeehive、Enterprise JavaBeans(EJB)3.0 が使用できる。
 SpringおよびBeehiveとの統合:開発者は、業界最先端の軽量オープンソースフレームワークと、従来型のJ2EE開発を融合、調和させることができます。エンタープライズレベルの堅牢さと、軽量プログラミングアプローチの長所を組み合わせることが可能です。Spring Beanのための管理機能とトランザクション能力を提供します。
BEA WebLogic Workshop 9.2(KODOを使えばJava SEでもEJB3.0 Entityが利用可能です)
http://blogs.sun.com/takemura/date/200605

Spring 2.0でのJPA(Java Persistence API)の利用
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2006/03/jpa-spring-medrec.html

SpringとWebLogic Serverの統合
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/09/spring_integration_weblogic_server.html

Springの導入によるJ2EE開発の改善
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/07/better_j2eeing.html

Springにトランザクションの"サスペンション(一時停止)"を装備する
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/07/spring_transactions.html

クラスタ化アプリケーションのセッション管理
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/05/session_management.html

Jakarta Commons LangでJavaがシンプルに
http://www.beasys.co.jp/dev2dev/pub/a/2005/4/commons_lang.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です