クラシックASPでデバッグを行う方法

クラシックASPでデバッグする方法
IISを準備する。
VisualInterDev?をインストールする。
VisualInterDev? Server Setupをインストールする。(IISのデバッグを行うを参照)
dcomcnfgを起動する
* CatalogClass?のセキュリティ権3つとも独自のアクセス権に変更して自分を割り当てる
* Machine Debug Managerも同様
* MTS Client Exportも同様(ほとんど存在しないのでなくても気にしなくていい) VIDでスタートページを設定する。
VIDでF5でデバッグ開始
ASPのデバッグをするためにはVIDは手放せないです。
http://support.microsoft.com/kb/312880/ja
Visual Studio.NET に移行させられればいいんですけどね・・・・
さらにWindowsXPの場合は次の作業もやっておくと吉
画面のプロパティの[テーマ]-で[Windowsクラシック]にする。
システムのプロパテの[詳細設定]で[パフォーマンス]の設定ボタンを押下
パフォーマンスオプションで[パフォーマンスを優先する]を設定。
これで安定してデバッグできる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です