Lenovo Phab 2 Pro で Project Tango 入門 2

前回に続き、サンプルの動作を確認していきましょう。

java_augmented_reality_exampleです。

これは、Tango APIを使用して拡張現実感(AR)アプリケーションを作成する方法を示す簡単な例です。 それは、装置の正面1メートルのところに浮かぶ惑星地球とその周りを回転する月を表示します。

この例では、OpenGLレンダリングにRajawaliを使用しています。これには、バックグラウンドでの カラーカメラ画像と、前方3mの空間に浮かぶ地球の質感を持つ3D球が含まれます。
この部分は、通常のRajawaliアプリケーションのように、{@code AugmentedRealityRenderer} クラスで実装されています。

この例では、Tango APIを使用してOpenGLテクスチャにカラーカメラデータを効率的に取得し、 拡張現実感効果を実現するためにOpenGLカメラがデバイスの動きを追跡するようにする方法に焦点を当てます。

Rajawaliの仮想世界をRGBカメラと同期させる最良の結果を得るには、 KEY_BOOLEAN_LOWLATENCYIMUINTEGRATION設定パラメータを含めることが重要です。

Rajawaliのようなレンダリングライブラリを使用しない、より抜粋した例を探しているなら、 java_hello_video_exampleを見てください。

では、import projectをクリックし、java_augmented_reality_exampleを選択してOKを押します。

RajawaliはAndroid OpenGL フレームワークです。

実行すると次のように地球と月が表示され、位置がほぼ固定されます。ただ追従はあまりよくない感じです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です