LionにXcode3をインストールする

LionはXcode3非推奨となってしまいましたので、Xcode3のインストールが出来ません。

インストーラーをダウンロードして、起動してみても、肝心のXcode Toolsがインストールされない状況になっております。

Xcode4を使いつつ、たまにXcode3も使いたいという場合にはLionへのアップグレートは控えてSnow Leopardのままにしておくのが良いでしょう。

しかし、もうすでにLionにしちゃった俺はどうすれば?という場合は以下の記事が助けになるでしょう。

http://anatomicwax.tumblr.com/post/8064949186/installing-xcode-3-2-6-on-lion-redux

LionにXcode3.2.6を無理矢理インストールするには次の手順に従います。

  • Xcodeのディスクイメージをダブルクリックしてマウントします
  • ターミナルを開きます
  • 次のコマンドを実行します
    • export COMMAND_LINE_INSTALL=1
    • open “/Volumes/Xcode and iOS SDK/Xcode and iOS SDK.mpkg”

するとインストーラーが立ち上がります。ちゃんとXcode Toolsにもチェックが入り、インストールする事が出来ました。

もし、iTunesを終了してもInstallation Alertのダイアログが出続ける場合は、ダイアログをkillします。手順は次の通り。

sudo ps ax | grep AlertAll

上記コマンドでAlertAllのプロセス番号が分かるので、

sudo kill プロセス番号

を実行してダイアログをkillしましょう。これでインストールが続行されます。

当記事は動作を保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用ください。

7 Replies to “LionにXcode3をインストールする

  1. 助かりました!
    ただ、
    open “/Volumes/Xcode and iOS SDK/Xcode and iOS SDK.mpkg”
    のクオートが違うのでエバられちゃいました。
    open “/Volumes/Xcode and iOS SDK/Xcode and iOS SDK.mpkg”
    でうまくいきました。

  2. 動いてるといわれるiTunnsはiTunesHelperですね
    アクティビティモニターからも強制停止できますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です