VagrantでParallelsの仮想マシンを一瞬で作成しよう

Vagrantって?


Vagrantはすばらしい開発環境構築ツールです。完全で過般的な開発環境の構築・管理のためのフレームワークです。

 

Parallelsとは?


Macで定番の仮想PC構築ツールだ。VirtualBoxやらVMWareとか色々使ってみたけどMacではParallelsが一番いい。

Vagrantのインストール

まずはVagrantをダウンロード&インストールします。

Vagrant-download

 

Downloadボタンを押し、Mac OS X用をダウンロード。

Vagrant-mac

 

vagrant_1.5.1.dmgを保存します。dmgを開いてマウントします。

Vagrant.apkをクリックしてインストール。

install1

install2

install3

インストール確認。

* vagrant --version
Vagrant 1.5.1

次に、Vagrant用のParallelsプロバイダVagrant Parallels Providerを導入します。

Vagrant Parallels Providerは

Parallels Desktop 8 と 9 に対応しています。Vagrant v1.5以上に対応します。

基本的なVagrantの機能に対応していますが、Forwarded ports 設定は使えないようです。

Vagrant Parallels Providerのインストールです。まずParalells DesktopとVagrantをインストールします。最新版をインストールする事をお勧めします。次にプロバイダのインストールですがこれは簡単で、次のコマンドを実行するだけです。

* vagrant plugin install vagrant-parallels
Installing the 'vagrant-parallels' plugin. This can take a few minutes...
Installed the plugin 'vagrant-parallels (1.0.6)'!

Vagrant Parallels Providerの使い方はこちらにドキュメントがあります。

デフォルトプロバイダをparallelsにします。

export VAGRANT_DEFAULT_PROVIDER=parallels

上記を~/.bashrcに追記しておきましょう。

Vagrant Parallels Providerの使い方

新しいプロジェクト用ディレクトリを作成してVagrantプロジェクトを作成します。

* mkdir Vagrant
* cd Vagrant/
* mkdir centos6.5_project
* cd centos6.5_project/
* vagrant init parallels/centos-6.5
A <code>Vagrantfile</code> has been placed in this directory. You are now
ready to <code>vagrant up</code> your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
<code>vagrantup.com</code> for more information on using Vagrant.
* vagrant up --provider=parallels
Bringing machine 'default' up with 'parallels' provider...
==> default: Box 'parallels/centos-6.5' could not be found. Attempting to find and install...
default: Box Provider: parallels
default: Box Version: >= 0
==> default: Loading metadata for box 'parallels/centos-6.5'
default: URL: https://vagrantcloud.com/parallels/centos-6.5
==> default: Adding box 'parallels/centos-6.5' (v0.1.0) for provider: parallels
default: Downloading: https://vagrantcloud.com/parallels/centos-6.5/version/1/provider/parallels.box
==> default: Successfully added box 'parallels/centos-6.5' (v0.1.0) for 'parallels'!
==> default: Importing base box 'parallels/centos-6.5'...
==> default: Checking if box 'parallels/centos-6.5' is up to date...
==> default: Setting the name of the VM: centos65_project_default_1395845391717_93498
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
default: Adapter 0: shared
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
default: SSH address: 10.211.55.6:22
default: SSH username: vagrant
default: SSH auth method: private key
default: Error: Connection refused. Retrying...
default: Error: Connection refused. Retrying...
==> default: Machine booted and ready!
==> default: Checking for Parallels Tools installed on the VM...
==> default: The Parallels Tools on this VM do not match the installed version of
==> default: Parallels Desktop! In most cases this is fine, but in rare cases it can
==> default: cause things such as shared folders to not work properly. If you see
==> default: shared folder errors, please update the Parallels Tools within the
==> default: virtual machine and reload your VM.
==> default:
==> default: Parallels Tools Version: 9.0.24215.978862
==> default: Parallels Desktop Version: 9.0.24172.951362
==> default: Mounting shared folders...
default: /vagrant => /Users/hiroaki/Vagrant/centos6.5_project

Vagrantは自動的にboxと新しい仮想マシンをダウンロードしてインポートします。仮想マシンが設定&開始されます。

createvirtualmachine

ここで警告が出ています。訳すと次のようになります。

このVMにParallels Toolsは、Parallels Desktopのインストールされているバージョンと一致していません!ほとんどの場合、これは問題ありませんが、まれに、それは、共有フォルダなどのものは正常に動作しない場合があります。共有フォルダのエラーが表示された場合は、仮想マシン内のParallels Toolsをアップデートして、仮想マシンを再ロードしてください。

「ほとんどの場合問題ない」とあるので、とりあえず放置します。問題が発生したら対応を考える事としましょう。

Parallelsの仮想マシンリストを見ると、仮想マシンが増えている事が確認できます。

virtualmachinelist

仮想マシンが起動したら、SSHでログインします。

* vagrant ssh
Welcome to your Vagrant-built virtual machine.
[vagrant@localhost ~]$

以上でVagrantとVagrant Parallels Providerの導入は完了です。

さて、先ほどの警告に対処しましょう。作成されたVMにParalells Toolsをアップデートして、さらに再利用できるようにboxファイルを作成しておきます。

まず、Toolsを手動インストールします。

http://kb.parallels.com/jp/112609

次に、今起動しているVMから新しいBoxを作成します。

vagrant package

すると、pakage.boxができているので、

vagrant box add parallels-centos-6.5-Build9.0.24217/ Users/USER_NAME/Vagrant/centos6.5_project/package.box

という感じにbox add コマンドでboxを追加します。

次回からは

vagrant init parallels-centos-6.5-Build9.0.24217

とすればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です