Googleが5/16に発表した新しいAndroid向け総合開発環境「Android Studio」を試す(2)

前の記事からの続きです。 では、新規に作成したプロジェクトをそのまま実行してみましょう。実行ボタンをクリックするか、control + R  で実行します。 スクリーンショット 2013-06-03 5.42.51 最初はLaunch emulatorの「…」ボタンを押して、エミュレータを追加します。「Android Virtual Device Manager」が開きます。AVD Nameに×がついていますが、これらはEclipseで使用していたAVDです。必要なAPIバージョンのパッケージがインストールされていないので×がついています。 「New…」ボタンをクリックして新たに追加しましょう。 スクリーンショット 2013-06-03 6.05.03     「Create new Android Virtual Device(AVD)」ウィンドウが開きます。このあたりはEclipseの時と同じですね。 スクリーンショット 2013-06-03 6.08.30   スクリーンショット 2013-06-03 6.08.46   AVDが作成できたら、プルダウンから選択して、「OK」をクリックして実行します。 スクリーンショット 2013-06-03 6.09.14   エミュレータが起動し、Hello world!の文字が表示されます。 スクリーンショット 2013-06-03 6.12.19 メニューからSDK Managerを開けます。 スクリーンショット 2013-06-03 6.19.38 SDK Managerも従来通りです。 スクリーンショット 2013-06-03 6.22.02   DDMSの代わりでしょうか、Android Device Monitorというツールが付属するようです。 スクリーンショット 2013-06-03 6.23.00

DDMSの画面が立ち上がります。この辺りもEclipseと同じです。

スクリーンショット 2013-06-04 5.14.10

う〜ん、まだEclipseと違いが感じられませんね。

次は実際のコーディングを行ってみたいと思います。

きょうはここまで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です