Android入門―本気で使える電卓アプリの開発―1

はじめに

Androidをはじめとするスマートフォンが盛り上がりをみせています。2011年の上半期の携帯電話販売ランキングの上位はスマートフォンがほぼ独占、爆発的な増加となっています。

スマートフォンのシェアが急激に拡大する中、開発の現場にも変化が起こっています。スマートフォン案件の増加です。iPhone用のアプリをAndroidに対応する案件や、業務端末としてAndroidやiPadを使いたいといった案件が増えてきました。スマートフォンへ開発のニーズが高まっているのを感じます

本稿はサンプルアプリの作成を通じてAndroid開発について解説していきます。
電卓アプリをサンプルとして使用しますが、よくある機能が限定されたようなサンプルではありません。実用に耐えうる電卓アプリの基盤を作成していきます。

本稿を読み終えた後は、電卓アプリにさらに機能追加を行うことが可能となりあなただけのカスタマイズ電卓が作成できるようになります。

完成したサンプルアプリはAndroid Marketからダウンロードできます。MyCalcというアプリですのでAndoroid Marketで検索してみてください。
URLはこちらです。

本稿でAndroid開発の全てを網羅できるわけではありませんが「Andoroid開発はこんな雰囲気だ」ということを肌で感じ、本格的なサンプルアプリを通して仕組みが分かる作りを目指しています。

まず、電卓アプリの中心となる計算処理を作成します。GoFのデザインパターンのうち「Stateパターン」を適用して電卓の計算処理を作成します。デザインパターンという高度な設計により電卓の機能拡張が容易であることを学習します。

次に、作成した計算処理をAndroidに組み込みます。

最後に、電卓のデザインを変更します。XMLの設定だけでグラフィカルな表現が可能であることを学習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です